高齢者のいる世帯ならUR賃貸住宅の抽選で優遇処置が受けられる?

昔の都市公団だった時代は、団地というイメージでしたが、最近のUR賃貸が扱っている住宅には、高級マンションが多いようです。

がらりとイメージが変わりましたね。

都心では、家賃が30万円の物件なども見受けられ、これがUR賃貸住宅なの!?と驚かされます。

一ヶ月の家賃が30万円というと、1日1万円ということになりますから、ホテルの宿泊代並みです。

UR賃貸と一口に言っても、ピンからキリまであって、必ずしも節約したい方ばかりが利用するというものでもなくなったようですね。

民間住宅で支払っていた分と同じ家賃で、グレードアップを望む方々にも、UR賃貸住宅は最適かもしれません。

UR賃貸住宅に入居を希望する際、新築物件や、都心のタワー住宅などはやはり人気が高く、希望者が多数の場合、抽選で決まるようです。

部屋によっては倍率が高い事もあるようですが、高齢者には優遇処置があるのだとか。

例えば、満60歳以上の高齢者を含む世帯については、一般の申込者に比べて10倍の当選率となるように優遇されたり、満60歳以上の高齢者を含む世帯と支援世帯が同一か、または隣接した市区町村(区とは、東京23 区を指します)における近居を希望する場合に、一般の申込者に比べて10 倍の当選率となるように優遇されているのだとか。

高齢者のいる世帯の方々には、UR賃貸住宅が特にオススメです。