UR賃貸のハウスシェアリングとレンタル家具を活用してみませんか?

少し前に、テレビドラマの設定としても使われるなど、流行したルームシェアは、実はUR賃貸住宅でも可能です。

気心知れた友達同士で、少し広くて豪華な部屋に住みたい!という方にオススメなのが、UR賃貸住宅のハウスシェアリング。

これは一般的にルームシェアと呼ばれているものを指しているそうです。

広いリビングや、ゆったりとしたお風呂のあるお部屋には憧れるけど、一人暮らしのワンルームではちょっと現実的に厳しいですよね。

UR賃貸住宅のハウスシェアリングを利用すれば、親しい友達と、プライバシーもしっかり守りながら憧れのお部屋に、しかもお得に住むことができるわけです。

地元から初めて上京してきた大学生の方などは、東京での一人暮らしは不安なことも多いのではないでしょうか。

それに、学生時代の短い期間のためにいちいち家具を取り揃えるのはもったいない、と考えている方もきっと多いはず。

その二点に関して、UR賃貸住宅を利用することでなんと解決できてしまうのです。

UR賃貸住宅では、レンタル家具を借りることも可能だとか。

レンタル家具を借りて、友達とゆったりハウスシェアリングするという選択肢も、是非考えてみてください。

ちなみに、学生の場合は、契約名義人はご両親等親族の方となるそうなのでご注意を。

オススメ情報⇒<http://matome.naver.jp/odai/2132791145450667001

高齢者のいる世帯ならUR賃貸住宅の抽選で優遇処置が受けられる?

昔の都市公団だった時代は、団地というイメージでしたが、最近のUR賃貸が扱っている住宅には、高級マンションが多いようです。

がらりとイメージが変わりましたね。

都心では、家賃が30万円の物件なども見受けられ、これがUR賃貸住宅なの!?と驚かされます。

一ヶ月の家賃が30万円というと、1日1万円ということになりますから、ホテルの宿泊代並みです。

UR賃貸と一口に言っても、ピンからキリまであって、必ずしも節約したい方ばかりが利用するというものでもなくなったようですね。

民間住宅で支払っていた分と同じ家賃で、グレードアップを望む方々にも、UR賃貸住宅は最適かもしれません。

UR賃貸住宅に入居を希望する際、新築物件や、都心のタワー住宅などはやはり人気が高く、希望者が多数の場合、抽選で決まるようです。

部屋によっては倍率が高い事もあるようですが、高齢者には優遇処置があるのだとか。

例えば、満60歳以上の高齢者を含む世帯については、一般の申込者に比べて10倍の当選率となるように優遇されたり、満60歳以上の高齢者を含む世帯と支援世帯が同一か、または隣接した市区町村(区とは、東京23 区を指します)における近居を希望する場合に、一般の申込者に比べて10 倍の当選率となるように優遇されているのだとか。

高齢者のいる世帯の方々には、UR賃貸住宅が特にオススメです。

UR賃貸住宅の様々な特徴をご紹介します

最近よく耳にするUR賃貸住宅。

UR賃貸住宅の注目を集める理由は礼金、仲介手数料、更新料などの初期費用がかからず、さらに保証人も不要という点が大きいのではないでしょうか。

さらに、元々は公団住宅ということもあり、家賃はもちろん低めの設定。

民間住宅で、同じ条件の物件と比べてみると、1~2割程安いということに気付くでしょう。

良い部屋に住みたいけれど、民間では家賃が少し高いと感じている方や、節約したい新婚カップルなど、様々な方にオススメなのが、このUR賃貸住宅なのです。

さらに、このUR賃貸住宅を借りる際の特徴として、注意しなければならないのが、申し込み受付が先着順であるということです。

目を付けていた住宅に空きが出たら、実際に営業所まで急いで足を運び、一番に申し込んだ人が契約できるという、意外にもアナログなシステムになっているようです。

また、広さの割には部屋の数が少ない傾向があるという点もUR賃貸住宅の特徴なのだとか。

これは、快適な住空間を提供するという目的から一部屋あたりの面積が広く確保されているということなのだそうです。

いくら平米数があっても、お部屋がこまごましていると狭く感じてしまいますから、これはありがたい配慮だと思います。

入居時には大抵、大きな費用の負担がリスクとなりますが、UR賃貸住宅を選べば、住み心地の良さとコストダウンの両立が期待できるというわけですね。

賢い住まい探しに、是非UR賃貸住宅を検討してみてください。

UR賃貸の魅力は盛り沢山!

UR賃貸住宅って、ご存じですか?UR賃貸住宅とは、旧公団住宅のこと。

URとは、Urban Renaissance Agencyの略なのだとか。

最近このUR賃貸住宅の人気が大変高くなっているようです。

注目されている理由として考えられるのは、まず礼金、更新料、仲介手数料が不要な点が挙げられます。

必要なのは敷金だけで、通常の賃貸住宅では大抵必要となる、礼金や更新料、仲介手数料などが不要となるので、非常に入居しやすいことが大きなメリットです。

さらに、契約時の保証人が不要なので、保証人を探す手間もいらず、申込時の手続きがとても簡単なこともUR賃貸を選ぶ際の重要なポイントと言えます。

また、毎月かかってくる家賃の安さは何と言っても一番の魅力でしょう。

民間の住宅で、近い条件の物件と比較しても、家賃はかなり安くなっていますから、なるべく出費を少なくしたいと考えている人には、とても魅力的な住宅です。

ただし、敷金に関しては、家賃の3ヶ月分かかる場合もあるようなので、ご注意ください。

ですが礼金や仲介手数料とは違って、きちんと戻ってくるものですから、全く意味合いが違いますよね。

しかも最近は、不況で一括に支払うことが困難な方が増えているためか、敷金の分割払いが可能なキャンペーンを行っている物件もあるのだとか。

※参照記事(http://blog.goo.ne.jp/ozekia/e/cd4310a772e761b8946db463a10d4768