UR賃貸住宅の様々な特徴をご紹介します

最近よく耳にするUR賃貸住宅。

UR賃貸住宅の注目を集める理由は礼金、仲介手数料、更新料などの初期費用がかからず、さらに保証人も不要という点が大きいのではないでしょうか。

さらに、元々は公団住宅ということもあり、家賃はもちろん低めの設定。

民間住宅で、同じ条件の物件と比べてみると、1~2割程安いということに気付くでしょう。

良い部屋に住みたいけれど、民間では家賃が少し高いと感じている方や、節約したい新婚カップルなど、様々な方にオススメなのが、このUR賃貸住宅なのです。

さらに、このUR賃貸住宅を借りる際の特徴として、注意しなければならないのが、申し込み受付が先着順であるということです。

目を付けていた住宅に空きが出たら、実際に営業所まで急いで足を運び、一番に申し込んだ人が契約できるという、意外にもアナログなシステムになっているようです。

また、広さの割には部屋の数が少ない傾向があるという点もUR賃貸住宅の特徴なのだとか。

これは、快適な住空間を提供するという目的から一部屋あたりの面積が広く確保されているということなのだそうです。

いくら平米数があっても、お部屋がこまごましていると狭く感じてしまいますから、これはありがたい配慮だと思います。

入居時には大抵、大きな費用の負担がリスクとなりますが、UR賃貸住宅を選べば、住み心地の良さとコストダウンの両立が期待できるというわけですね。

賢い住まい探しに、是非UR賃貸住宅を検討してみてください。