UR賃貸とはどのようなものなのでしょうか?

CMなどでもよく耳にするUR賃貸住宅。

名前は知ってるという方は多いかもしれませんが、UR賃貸がどのような住宅か、ご存知でしたか?そもそも、URとはどのようなものなのでしょうか?URとは、都市再生機構(Urban Renaissance Agency)という英語の略称だそうです。

都市基盤整備公団と、地域振興整備公団の地方都市開発整備部門が統合され、2004年に設立されたのだとか。

その際、都市公団から全国約76万戸の賃貸住宅(公団住宅)を受け継いだということ。

ここまで言われても、URがどのようなものなのか、まだいまいち理解できないかもしれません。

主に市街地の整備改善や、賃貸住宅の供給支援、UR賃貸住宅(旧公団住宅)の管理を目的とした国土交通省が管理する独立行政法人。

つまり、住む人にやさしい賃貸住宅を作るという役割を持った団体なのだそうです。

そのため、URが供給するUR賃貸住宅は、良質な住宅を供給することを目的とされた、設備、広さ、環境を重視した住宅と言えます。

間取のタイプは、シングルからファミリー向けタイプまでとても幅広く、その大きな特徴は、何と言っても礼金、仲介手数料、更新料、保証人不要であるということ。

住む人のことを考えて確保された、住む人の負担が少ない賃貸住宅が、UR賃貸であると言えるかもしれません。